都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

南極物語のタロとジロの真実

 2,647 view      2016/07/06

ざくっと都市伝説
  • 南極観測隊に置き去りにされた二匹の犬。
  • 南極の極限の環境を耐え抜いた二匹の犬。
  • 映画とは全く違った様子の二匹の犬。


「南極物語」は、極限の環境を耐え抜いた2匹の犬の感動の物語。

南極観測隊は昭和基地での越冬が大変な悪天候により中止となった。諸事情により15匹いた犬は南極大陸に置き去りになってしまう。とても犬の生きていける環境ではない。全頭死んでしまっただろうと誰もが思っていた。

再度、南極大陸に行くとタロとジロの2匹が生きていたのだ。2匹は隊員を見つけると、やせ細った体で懸命に駆け寄ってくる。こんな感じの話だ。

この映画は実話をもとに作られているという。大まかな流れ的は事実だが、感動のラストはかなり演出があるらしい。

タロとジロを発見した様子は映画とはかなり違っていた。

南極ではアザラシが沢山いるので食い放題だったらしく、2匹ともプクプク太っていた。そして隊員の姿を見ても駆け寄ってきはせず、むしろ逃げる始末。2匹を捕まえるのに大変苦労したという。

極限の南極も2匹にとっては住みよい環境であったようだ。

 -信じてしまう系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事