都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

口内炎はSとMを増幅させる不思議な魅力がある

ざくっと都市伝説
  • 口内炎の痛みがS心を増幅する。
  • 口内炎にはM心を増幅させる力もある。
  • S心もM心も満たせるので口内炎を触ってしまう。


90%以上の人が経験しているといわれる口内炎。痛いとわかっているのに、つい刺激してしまうと人は多い。

これは口内炎にはSとMの両方を増幅させる不思議な魅力があるからだ。

口内炎ができると、食事をしたり飲み物を飲んだりするときに痛みを感じる。味の濃いもの、塩分濃度が高いもの、辛いのものなどの時は本当につらい。

しかし、痛いとわかっているのに、つい舌先で触ってみたり、噛んでみたりしたことがないだろうか。爪楊枝や歯ブラシで刺激するという強者もいるようだ。

口内炎の痛みからSが増幅され、痛みの原因である口内炎を攻撃する。当たり前だが、口内炎への攻撃は自分の痛みとなる。しかし、この痛みは妙な気持ちよさがあり、Mが増幅される。

口内炎ができ、もしSだけが増幅され、Mが増幅されなければ、その攻撃対象は口内炎そのものではなく、別のものに向かい、イライラから周りの人に当たり散らす、生理中の女性のよう態度になるだろう。

口内炎はSだけでなくMまでも増幅する不思議な魅力があり、無意識でつい口内炎をイジってしまう人が多い。

おもしろ系 信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事