都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

未来のパンを作る工場

 1,805 view      2016/07/06

ざくっと都市伝説
  • パン工場で行われた外部監査。
  • 新人の致命的なミスで未来のパンが明るみに出る。
  • 小さいパン屋の皮肉。


あるパン工場でのとある日の事、従業員達は前日より準備に追われていた。
その日は外部監査が入る日で、指摘箇所や不適合が無いよういつも以上に衛生安全面に気を遣っていた。

大体いつも監査員の視る所は決まっており、工場関係者以外は立ち入れないゾーンも存在するのでコースも限定されている。監査の1日の流れをよく知っている先輩社員ならそうそうボロは出さないものだが、経験の浅い新人が致命的なミスを犯してしまう。

これにより企業のトップシークレットである「未来のパン」存在が明るみに出てしまった。

外部の人間が立ち入る際、「未来のパン」を関係者以外立ち入れないゾーンに保管するのだが、新人はいつも通りに運搬待ちのパン達がひしめき合う保管場所に送ってしまったのだ。これが運悪く監査員の眼に届き、関係者の間では有名な話となってしまった。

未来のパンとはパッケージの製造年月日に2~3日後の日付が刻印されているパンのことである。

「あそこのように大きなパン屋さんでは未来のパンを作れるようですが、うちは小さいので現在のパンしか作れません」某食品メーカーの就職説明会にて、高齢の社長が皮肉交じりに言うそうだが分かる人にしか分からない。

 -おもしろ系, 信じてしまう系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事