都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

宝くじはイニシャルSかKが高額当選する

ざくっと都市伝説
  • 宝くじで高額当選するとアンケートを取られる。
  • 年度で違うがイニシャルSかKのどちらかが一番当選している。
  • どちらも日本で多いイニシャル。


2014年4月からの1年間の宝くじで1000万円以上の高額当選者のイニシャルは「さ行」のSさんが最も多かった。

みずほ銀行が毎年発表する「宝くじ長者白書」には、性別や年代、星座、職業など宝くじで高額当選した人に行うアンケート結果が書かれている。

「最も多かったイニシャル」は毎年違うのだが、苗字のイニシャルは必ずKまたはSである。Kが1位の年の2位はS、Sが1位の年の2位はKであることから、苗字が「さ行」または「か行」の人ほど高額当選していることになる。また高額当選する年代は60代が最も多いが、ここ数年で40代の高額当選者の割合が増えてきている。

宝くじ高額当選者で最も多かったイニシャル
2014年 男性T.S 女性M.S
2013年 男性H.K 女性M.K
2012年 男性K.S 女性K.K
2011年 男性S.S 女性Y.S
2009年 男性M.K 女性K.K

ただし日本で一番多い苗字のイニシャルがKで二番目がSなので、高額当選者のイニシャルがKかSに集中するのも当然といえなくもない。

ちなみに高額当選している人で多く共通しているのは、ジャンボ宝くじ以外の宝くじは買ったり買わなかったりするが、ジャンボ宝くじだけは毎回必ず買っている。連番とバラの比率は1:2で、連番10枚バラ20枚の30枚が最も多く10年以上買っているという。

おもしろ系 信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事