都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

もう一つの鮫島事件-血の16画像-

ざくっと都市伝説
  • ネットで違法ビデオ販売をしていた鮫島がオフ会でリンチに遭う。
  • その様子が鮫島スレで実況され、血の16画像がアップされる。
  • リンチされた鮫島は偽物で、本物の鮫島はリンチした者に報復する。


以前にも書いた「鮫島事件」の都市伝説。(詳しくは過去記事鮫島事件の真相

この話とは別の鮫島事件についての話がある。

事件は2ちゃん以前に存在した大型掲示板「あめぞう」で起こった。2ちゃんねるでいう実況系。鮫島というコテハンをオフでJR柏駅前に呼び出し、20人でリンチし殺した。虐殺と言ってもいい。

その模様を実況したのが「鮫島スレ」と呼ばれるスレッドである。

鮫島事件が語られる時、「血の16画像」という単語がキーワードとして出るが、それは実況の際アップされた画像のことである。

柏駅の看板を撮った1枚目から始まり、最後の16枚目には殺された鮫島のちぎれた指だけが写っている。これらの画像の残虐性はグロ耐性のある人でも目を背けそうになる程のものだという。

背景に潜む性質上、出回ることの無い画像である為、俺も全ては見たことが無いが、見ることの出来た数枚は相当なものだった。

さて、何故鮫島がリンチされるに至ったか?

彼はあめぞうでビデオ販売をしていた。ビデオの内容は障害者学級の女児を虐待強姦して嬲り、最後には殺してしまうといった鬼畜ビデオである。

通称「みずき」と呼ばれる。

そのうちビデオの撮影者が販売者の鮫島本人であるのでは無いかという憶測が飛び交った。鮫島本人がそれを否定せず自らの素性について、何も語らずに煽られるままに放置していたので、かえって真実味さと不気味さが増していった。

鮫島からビデオを買った者の正確な数は不明。ビデオに関する補足は後述する。とにかくそのビデオの評判は悪かった。

そこで正義感に燃えたあるeomという男が鮫島にオフを持ちかけた。リンチの主謀人は彼である。そして柏駅にはeomが仕組んだ策略により鮫島は集団リンチされ殺された。それだけではタブーにはならない。オフに現れた鮫島と思われた男は本人では無かった。調子に乗って鮫島を語ったばっかりに偽の鮫島は殺害された。そして当の鮫島本人はというと、その実況で男の虐殺される経過を見て激昂した。

どういった技術を用いるのかは俺は知らないが、後日書き込みからリンチに加わった人達の住所を特定し分かっているだけでも2人を殺した。その事を鮫島は前回の報復であると書き込みをする。また鮫島スレに関与した物は皆殺しにしてやる、とも書き込んだ。

これはあめぞうユーザーを震撼させた。この時点ではまだ事件の事は警察に発覚していなかった。その頃、ネット掲示板は現在と違いまだ極めてアンダーグラウンドなものであった。

eomは主謀者である自分が鮫島に必ず殺されるであろう事に脅え警察に自主する。しかし警察は事件の経緯を知り閉口。ネットがさほど浸透していなかった当時にすれば、この事件は極めて異質であった。

被害者は実は無関係者、加害者は正義感に燃え私刑を加えようとするも、その方法は集団でのリンチで、しかも被害者が苦しむ様を実況し、それをカメラに収め公開するなどの猟奇性を持ち併せた、愉快犯的側面もある。殺害目標となった当の鮫島は、知的障害者の女児を強姦殺害したポルノビデオをネット上で売り捌き、リンチのあったことを知って復讐として関係者2人を殺している。

あめぞうという掲示板自体にはまず、そういった類のビデオの販売を黙認した罪と、同じく残虐な犯行の実況も放置していた罪がある。そして県警は対応しきれずにあろうことか事件の究明を放棄した。普通の殺人事件として処理し、一人の男が殺された事にある背景を無視した。

現在、公安はこの過去の汚点を隠蔽。曝されると希代の不祥事になってしまうので、巷にこのことが暴露されないように極秘で逃亡中の鮫島を追跡している。

怪奇・怖い話系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事