都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

点滴や注射に空気が入ると死ぬ

ざくっと都市伝説
  • 注射に気泡が入ると死亡する。
  • 医者や看護師は注射の前にわざと液を出す。


点滴中や注射に気泡が少量でも混じると死亡するするらしい。注射の前に、注射液を少し出すのは医療事故を防ぐためである。

しかし実際は、少量であれば気泡は肺の毛細血管に小さな塞栓を形成するだけで、死亡に至るには故意に大量の空気を送り込まなければならない。

点滴や注射の際に多少の空気が入る事は良くあるが、それが原因で死ぬ事は無い。

信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事