都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

宇宙人のペット?UFOと共に目撃される「モスマン」

 7,110 view      2016/07/06

ざくっと都市伝説
  • ウエストバージニア州で目撃された蛾人間。
  • モスマンの目撃時期はUFOの目撃時期と一致。
  • モスマンの存在を隠そうとした何者かがいる。


モスマン(蛾人間)が最初に目撃されたのは1966年11月。アメリカ合衆国東部ウェストバージニア州の墓地。同日夜、同州火薬工場付近。飼い犬が激しく吠えているので飼い主が見に行くと、暗闇の中に赤く光る二つの目を目撃。この夜、火薬工場付近に住む多くの人が同じような赤い目を目撃していた。

11月14日。車でウェストバージニア州の火薬工場近くを走行中だった女性が、モスマンをが近づいてきていることに気付く。恐怖を感じた女性は、時速160kmという猛スピードでその場から逃げ出そうとするが、モスマンは簡単に追いつき、しばらく車と併走していた。

最初の目撃から約1年。ウエストバージニア州とオハイオ州を結ぶシルバー・ブリッジ付近でモスマン目撃が多発した。

この付近でモスマンが最後に目撃されたのは、1967年12月15日。シルバー・ブリッジで大規模な崩落事故を起こし、犠牲者46人という大惨事が起きた日である。モスマンが多く目撃されていた頃、この付近ではUFOの目撃も多かったが、モスマンと同じく15日以降はUFOも目撃されなくなっている。

飛行中のモスマン、暗闇に潜むモスマンの目撃がほとんどで、はっきりとその姿を見た人はいなかったが、体長が2~3メートル。腕はなく大きな翼をもっている。飛行中翼を羽ばたかせていない。異様に大きな赤い目で両目の間隔は広く離れている。という特徴は全ての目撃証言で一致していた。

調査研究が行われ、ワシなどの大型猛禽類・鳥類を見間違えたのではないかという仮説が立てられ、目撃者たちに目撃証言に似ている動物の写真を見せるが、全員が「まったく似ていない」と回答している。

実はモスマンが目撃され始めたころから、シマフクロウやヒメコンドルなど、この地に居つかないはずの動物も目撃されるようになっている。それらの動物はどことなくモスマンの特徴をもっていた。

UFOの目撃時期との一致、いないはずの動物たちの目撃時期との一致。これらの奇妙な一致から、モスマンは「宇宙人のペットあるいは研究動物」であり、現場付近で何かしらの研究・実験が行われており、「モスマンは他の動物を見間違えたもの」とするために、モスマンの存在を隠したい誰かが、似た特徴をもつ動物をこの地に放ったのではないかと噂されている。

また、この出来事をモチーフにしたプロフェシーという映画があり、この映画の制作に関わった80人もの人が謎の死を遂げている。

 -怪奇・怖い話系, UMA(未確認生物)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事