都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

ウォーリーのモデルはジム・ジャック

ざくっと都市伝説
  • ウォーリーの服は精神異常者の囚人服。
  • 精神異常者ジム・ジャックが病院から脱走。
  • ウォーリーを探せで注意喚起。


1990年頃に世界中で大ブームを巻き起こした絵本「ウォーリーをさがせ!」「チャレンジミッケシリーズ」などの、さがしっこ絵本の先駆けである。

多くの人が書かれたイラスト、雑踏の中から赤と白の横じま模様のシャツに眼鏡をかけたウォーリーを見つけ出して楽しむ絵本。このウォーリーの服装からモデルとなった人物につについて噂がある。

今から30年以上前のイギリスで8才になる男の子が行方不明となり、それから一ヵ月後に無残な遺体として発見された。その後、警察の必死の捜査により、過去に20人以上の子供達を殺害していた精神異常者「ジム・ジャック」が犯人として逮捕された。

裁判の結果、ジム・ジャックには責任能力が無いと判断され、警察の精神病院に収容されていたが、数年後、病院から脱走。再び指名手配されたが、現在もその行方は分かっていない。

脱走からしばらくして、ある一冊の絵本が出版された。

当時イギリスで精神異常が着ていた赤と白の横じま模様の囚人服を着た人物を、群衆の中から探し出す絵本。「ウォーリーをさがせ!」である。「ウォーリーをさがせ!」はジム・ジャックを一早く捜し出し、十分に注意をしなければならないという警告が込められているという。

しかし、イギリスで精神異常者に赤と白の横じま模様の囚人服を着せていたという事実はない。黒白の横じま囚人服は実際にあり、囚人服のようなものを着たウォーリーを探すことが、脱走した囚人を探すような感覚になり、しかし囚人服とは色が違うため別の設定になり広まったものと思われる。

おもしろ系 信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事