都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

78対22の宇宙の法則。完璧主義者は完璧を成せない。

 24,161 view      2016/07/06

ざくっと都市伝説
  • 78対22という宇宙の法則があり、この世はこの黄金比でバランスを保っている。
  • 不要に思える22%にも重要な役割があり、この黄金比を維持しようとする不思議な力がある。
  • 「完璧主義者」がこの黄金比を崩そうとすると、やがて精神が崩壊する。

この世は「78対22」という宇宙の法則で成り立っている。
切りよく「7対3の法則」や「8対2の法則」ともいわれ、ビジネスなどにも応用されている。

科学的に「78対22」という黄金比が証明されていたり、この黄金比が統計の中から見つかっているものも多い。

地球上の海と陸の割合は78対22。
人の体の水分とそれ以外の割合は78対22。
空気の酸素以外と酸素の割合は78対22。
肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78対22。
善玉菌と悪玉菌の割合は78対22。
かかととつま先の体重負荷の割合は78対22。

働きアリの1つの集団のうち、まじめに食料を集めているのは78%しかおらず、22%の働きアリはサボっている。サボっている22%を集団から隔離すると、まじめに食料を集めていた働きアリの22%が新たにサボるアリになる。逆に、まじめに食料を集めいていたアリの数を減らすと、サボっていたアリの中から、まじめに働くアリが現れる。常に78%がまじめに働き、22%がサボる状態になる。

22%の存在が不要に思えるものも多いが、この22%が存在することは必要で、アリの例でいうとサボっている22%は、まじめな78%に何かあった時のために力を残しているのである。

人の社会においても同じことで、集団が大きくなれば集団にそぐわない人が現れる。また「成功者」といわれる人の多くが、他の人より多く失敗している。多くの失敗が大きな成功につながっている。

人が気づいていないだけで、まだまだ多くのこの黄金比は存在し、世界のバランスを保っている。この黄金比が崩れ始めると黄金比へ戻ろうとする。黄金比が元に戻らなければ世界は崩壊することになる。
22%のサボりアリを取り除いても、新たな22%のサボりアリが現れる。これを続けていけばその集団は存在できなくなる。

この黄金比を無理に壊そうとするのが「完璧主義者」である。100%を目指すことが間違っているわけではないが、100%になることはありえない。不要だと感じる22%を取り除こうとすれば、元に戻そうとする力が働くからだ。

それでも無理やりこの黄金比を壊そうとすれば、「黄金比を壊そうとする存在」を壊す力が働く。

100%にならないことへのいら立ちやストレスから、周りからキチガイ扱いされたり疎遠になる。やがては精神が崩壊する。多くの芸術家や発明家の晩年が、変人扱いされていたり、気が狂ってしまっているのはこのためである。

「78対22」という宇宙の法則の不思議な力により、完璧主義者が「完璧」を成すことはできない。完璧を成す前に自分自身が壊されてしまう。

 -おもしろ系, 信じてしまう系, 怪奇・怖い話系

  1. 通りすがり より:

    >地球上の海と陸の割合は78対22。
    >人の体の水分とそれ以外の割合は78対22。
    >空気の酸素以外と酸素の割合は78対22。
    >肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78対22。
    >善玉菌と悪玉菌の割合は78対22。
    >かかととつま先の体重負荷の割合は78対22。

    正しい数字が一つもない……。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事