都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

ひとりかくれんぼのやり方【実行は自己責任で】

ざくっと都市伝説
  • ひとりかくれんぼの実行方法。
  • ひとりかくれんぼは呪いの対象が自分の呪術。
  • 実行は自己責任で。


1人でかくれんぼなんて寂しい遊び…そんなこと言ってられません。ひとりかくれんぼは交霊術を使った遊び。いや、遊びではなく呪術…その呪いの対象は「自分」。実行した人のほとんどが怪奇現象を体験している。

  • TV(ラジオ)が一瞬砂嵐(電波が受信できなくなった)
  • TVで同じシーンが繰り返し流れた
  • 浴槽に浮かべたぬいぐるみがなくなっていた
  • 隠れている押入れのふすまを誰かに叩かれた
  • 実行する人は自己責任でお願いします。

ひとりかくれんぼのやり方

用意するものは、「ぬいぐるみ」「刃物」「酒」

ぬいぐるみは中の綿を取出し、代わりに米をつめて、自分の体の一部(髪の毛、爪)を入れて縫う。

そのぬいぐるみに名前をつける。

部屋を暗くしてテレビ、またはラジオをつける。

風呂の桶にぬいぐるみを入れて浴槽に浮かべる。

少しの間、刃物を持って部屋をうろつく。

風呂場に行ってぬいぐるみに向かって「〇〇(ぬいぐるみの名前)見つけた」と言って刃物を刺す。

「次は〇〇が鬼ね」と言って刃物をそのままにして酒を持って隠れる。

ひとりかくれんぼの終わり方

ひとりかくれんぼをやめるには、酒または塩水を口に含む(飲み込まないこと)

風呂場に行ってぬいぐるみに口の中の酒をかけて、「私の勝ち」と三回言って、残っている酒もぬいぐるみにかける。

怪奇・怖い話系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事