都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

壁のひっかき傷

ざくっと都市伝説
  • 大学生がアパート暮らしを始める。
  • 内覧では気づかなかった壁のひっかき傷。
  • 1枚の写真を見つけてから奇妙なことが起こる。

アパートで一人暮らしを始めることになった大学生。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と駐車場に近い一階の部屋が空いていた。

管理人に「本当にここでいいの? 上(二階)も空いてるよ」と言われたが、彼は駐車場が近い一階に決めた。部屋3DKで家賃5万円。凄く良い部屋で、よくこんな物件が空いていたなと喜びにふけっていた。

引っ越しの荷物を片付けているときに、ある部屋の正面の壁に引っ掻き傷が沢山付いていることに気付いたが、「内見のときこんな傷あったかな?安い部屋だし壁紙の張り替えはしてくれないだろうな。」と放置することにした。

数日後、何気にその傷のある壁を見ると、ひっかき傷の下のカーペットが浮いている。カーペットをめくってみると、カップルであろう若い二人が写った写真が出てきた。そして、この写真を見つけてから奇妙な事が起こり始めた。

夜中にカリカリカリ・・・という音がする。古めのアパートだだし、ネズミか何かがいるのだろうと気にしなかったが、その音は毎晩聞こえていた。

ある日、夜中にトイレに行きたくなり目が覚めると、カリカリという音は引っ掻き傷のある部屋から聞こえるようでトイレに行くついでに見てみた。部屋の電気をつけてもそこには何も無く音は消えた。

トイレに入っていると、またカリカリという音が聞こえてくる。「やはりネズミでもいるのか?」とトイレから出て部屋の前まで行ってみた。そっとドアを開けると音は止まった。電気はつけず、そまましばらく様子を伺ったが音は聞こえてこない。

何か気持ち悪くなり、全身に寒気が走った。さっさと寝てしまおうと寝室に向いて歩き出した。電気の消えた廊下で何か影が走ってきてすれ違う。また、あの部屋からカリカリと音が聞こえてくる。

『振り返ったらダメだ』と何者かに言われたような気がしたが、振り向いてしまった。

部屋のドアが開いていて、凄く怯えた表情のた白い女性が、何かから逃げているような感じで、壁を背にし後ろ手のまま爪で壁を引っ掻いていた。

彼は状況が理解できないまま、そこに立ち尽くした。その女は数秒壁を引っ掻き、煙が消えるように突然消えて行った。

翌日、このことを管理人に話してみたところ、ドメステックバイオレンス(夫が妻に暴力を振るう)問題を抱えた夫婦が前に住んでいたらしい。

「もしかしたら、あの写真のカップル?」そう思い、部屋から出てきた写真を管理人に見せようとしたが何故か見つからなかった。

彼はその後も2週間住み続けたが、カリカリカリという音は毎日のように聞こえ眠れない日が続いた。寝不足が原因で学校生活が上手く行かなくなり、不便ではあるが実家に帰ることにした。

写真は結局行方不明で、あの部屋はそれから一年経っても空いたままだった。

怪奇・怖い話系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事