都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

ピーチ姫がケーキを焼くとさらわれるのは「おとり捜査」

ざくっと都市伝説
  • ピーチ姫がケーキを焼くとクッパにさらわれる。
  • マリオへ送るケーキお誘いの手紙には別の意味がある。
  • クッパをこらしめるための、ピーチ姫とマリオの共同作戦。

スーパーマリオブラザーズ1作目は、キノコ王国のピーチ姫がカメ一族の大魔王クッパに誘拐され、キノピオたちに助けを求められたマリオが、ピーチ姫を助けにいくというストーリー。スーパーマリオシリーズのほとんどは、マリオがピーチを救出に向かう。

その道中にあるレンガブロックは、キノコ王国の住人たちが、クッパの魔法によって姿をかえられたもの。ブロックを破壊しピーチ姫がクッパの魔法を解くことで、住人達は開放されることになる。

スーパーマリオシリーズ初期は、ピーチ姫は突然さらわれるが、最近のシリーズではピーチ姫がケーキを焼いた(焼く)手紙を、マリオに出した後でさらわれている。ピーチ姫がケーキを焼くと誘拐フラグがたつのである。

実は、ケーキでマリオを誘う手紙は「キノコ王国にクッパが近づいている」ということを意味している。なぜピーチ姫は、クッパが近づいていることを察知しながら、身を隠さずにマリオにケーキの手紙をだすのか。それは、自らが捕まることでクッパの根城をマリオへ教えるためだ。

これはクッパによってブロックに変えられた住人達を解放するための、マリオとピーチ姫の共同作戦。おとり捜査である。クッパが根城にしている地域の住人達はブロックに変えられている。ピーチ姫がクッパの根城まで連れていかれ、マリオはその後を追いながら、ブロックを壊していく。

ケーキを焼いたという手紙は、おとり捜査開始の合図だ。

クッパにとどめを刺してしまえば済む話だが、マリオたちは心底クッパを嫌っているわけではない。クッパの面倒見のよい性格、頼りになるところもあり、一時的に仲間になる作品もあった。困った存在ではあるがとどめを刺すことはできない。とどめを刺せない隙をついて逃げ出し、どこかに隠れてしまう。隠れて悪さしているクッパを懲らしめることしかできないのだ。

関連:クッパがピーチ姫をさらい続ける理由

おもしろ系 漫画・アニメ・ゲーム

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事