都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

キリンの9割はゲイ。絶滅危惧種となってしまった。

 12,056 view   

ざくっと都市伝説
  • 2016年12月8日絶滅危惧種として「キリン」がレッドリストに加わった。
  • 以前からキリンは絶滅するとの噂があった。
  • キリンの90%以上がゲイで、繁殖行為が少ないため。

国際自然保護連合(IUCN)が作成した絶滅危惧種をまとめた「レッドリスト」。2016年12月8日、このレッドリストに絶滅危惧種として「キリン」が加えられた。

陸上動物で最も背の高いキリン。生息地であるアフリカ諸国での内乱や密猟が原因と言われているが、実は人的要因で急激に個体数が減少する以前から、キリンは絶滅するのではないかといわれていた。

実はキリンのオスのほとんどがゲイだからだ。

オスのキリンは、気に入ったメスの股間に頭を擦り付けるという求愛行動をとる。メスのキリンは求愛行動を受け入れるとき、そのオスのキリンの顔に放尿するというマニアックな求愛行動である。

草食動物であるキリンだが、オス同士がその長い首を打ち付けあって争うことがある。勝ったオスが負けたオスに求愛行動をとり、負けたオスは受け入れるしかなく、勝ったオスの顔に放尿することがある。

通常、野生動物のオス同士の戦いは、群れを守るため、縄張りを守るため、パートナーとなるメスを勝ち取るために行われるが、キリンの場合は、相手のオスそのものを勝ち取るために行われる。

動物学者の調査によると、勝ったオスのキリンが、負けたオスのキリンに求愛行動をとる確率は90%以上。ほとんどのオスのキリンはゲイ。キリンのオス同士の戦いは、どちらが「タチ」でどちらが「ネコ」になるかを決める戦いである。

オス同士で行為が多く、いずれ絶滅するのではないかと言われていた。

 -おもしろ系

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事