都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

熊本地震は人為的に起こされた人工地震

ざくっと都市伝説
  • 熊本地震は4月14日(4+14=18)に発生している。
  • 甚大な被害をもたらした過去の地震も「18」に関する日に発生している。
  • 気象観測装置HARPの影響と思われるプラズマ現象が確認されている。


2016年4月14日21時26分、熊本を震源とするマグニチュード6.4、震度7の激しい揺れを記録した「熊本地震」。

気象観測装置HARP(ハープ)を使って起こされた人工地震ではないかといわれている。
HARPは気象情報の調査に使われているが、地震や津波を人為的に起こすことができるされていて、過去にもアメリカのイラク進攻に反対する国で起きた津波はHARPが起こしたと噂されている。

熊本地震が人為的なものといわれるのには、地震が発生した日に理由がある。

過去に甚大な被害をもたらした地震の発生日は「18」に関連している。

1989年「10月17日」サンフランシスコ大地震
10+1+7=18

1994年「1月17日」ロサンゼルス大地震
1+17=18

1995年「1月17」日阪神大震災
1+17=18

2005年「10月8日」パキスタン大地震
10+8=18

2011年3月11日東日本大震災
2+0+1+1+3+11=18

そして今回
2016年「4月14日」熊本地震
4+14=18

不吉とされる獣の数字「666」。この数字をたすと「18」となることから、悪魔崇拝者は日付や時間が「18」に関するときを選んで行動を起こすことが多い。

また地震発生の数日前から、現地ではプラズマ現象が起き、電磁波が通常よりも多く発生していることが確認されている。

気象観測装置HARPは、電気エネルギーで地震や津波を発生させる。4月14日に地震を発生させるために、少しずつエネルギーが照射されていたと考えられる。

参考:自然災害を起こし、人をも操る気象観測装置HARP

信じてしまう系 怪奇・怖い話系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事