都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

第二次世界大戦で京都が空襲されなかった理由

ざくっと都市伝説
  • もし京都が空襲されると日本にはかなりのダメージだった。
  • 京都の歴史的価値説。
  • 空襲前に終戦した説。


第二次世界大戦では、日本各地の都市が空襲を受けて焼け野原となった。しかし、なぜか京都は空襲されることがなかった。

京都には歴史的文化財が多く残っており、京都を焼け野原にすることは日本人に対してかなりの精神的ダメージを与えられたはず。なぜ空襲を行わなかったのだろうか。

あえてしなかった説

京都を空襲しなかった理由は、歴史的文化財が多く残っていたためだったという説がある。歴史的文化財を焼失させよくないとされたという説と、戦後植民地化した際に日本人の拠り所として利用することが計画されていたという説がある。

後にとっておいた説

京都は盆地構造のため、原爆を投下してどのくらいの破壊力があり、どのくらいの被害を与えることができるのかなどのデータを取るのに適していた都市だった。そのため原爆投下の対象都市とされ、終戦してなければ間違いなく原爆が投下されていたという説。長崎・広島への原爆投下でも日本が降伏しなかった場合、精神的に追い込むため後にとっておいたという。

信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事