都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

年を取ると1年が早く感じる理由

ざくっと都市伝説
  • 歳をとると1年が短く感じる。
  • 人生における1年の割合が原因。

歳をとると1年が早く感じる。
よく歳の節目が近づくと
二十歳を過ぎると…
三十歳を過ぎると…
1年があっという間だよ。
と年配の方から言われることがある。

実際、子供の頃の1年は結構永く感じたが、年々歳をとるにつれて、1年があっというまだと感じている人も多いはず。

それには理由がある。

1歳。1年は人生の1分の1(1)である。
10歳。1年は人生の10分の1(0.1)である。
20歳。1年は人生の20分の1(0.05)である。
30歳。1年は人生の30分の1(約0.03)である。
40歳。1年は人生の40分の1(0.025)である。
50歳。1年は人生の50分の1(0.02)である。

1年というものがその人の人生において○分の1と年々短くなっていく。そのため、歳をとると感覚的にも1年が短いと感じてしまう。

おもしろ系 信じてしまう系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事