都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

納豆を食べると骨折しにくくなる

ざくっと都市伝説
  • 東日本は骨折率が低く、西日本は骨折率が高い
  • 骨折率の色分け地図と納豆消費量の色分け地図が一致
  • 納豆をよく食べる地域ほど骨折率が低い

大腿骨の骨折の発生率を調査すると、北海道や東北地方では骨折の発生率が低く、兵庫や和歌山、九州沖縄などでは発生率が高く西高東低の割合となっている。

骨折率の割合を日本地図で色分けすると、納豆の消費割合の色分け図と一致する。

納豆にはカルシウムの骨への取り込みを助けるビタミンKが多く含まれており、ビタミンKの血中濃度は東日本が高く、西日本が低い。

納豆を多く食べる地域ほど、ビタミンKの血中濃度が高くなり、骨折しにくい。

おもしろ系

 今誰かが読んでる都市伝説

 関連記事