都市伝説まとめ 定番から新説まで

都市伝説大全

タバコを吸うとおっぱいが成長しないで垂れる。

 2,774 view      2016/07/06

ざくっと都市伝説
  • タバコに含まれるニコチンは女性ホルモンの分泌を鈍くする。
  • 若い時から常習的に吸っているとおっぱいが小さい。
  • ハリや弾力が失われおっぱいが垂れる。


喫煙には肺がんや心筋梗塞の危険性を高めるとして有名である。女性にとっては「健康」だけでなく「美」においても害がる。

タバコの煙に含まれるニコチンは女性ホルモンの分泌、乳腺の発達の邪魔をする。血行も悪くなるのでおっぱいまで栄養が回らなくなる。おっぱいが成長期のころから常習的に喫煙していると、おっぱいは大きく育たない。バストアップに効果のある食べ物、サプリメント、運動などすべて無意味にしてしまう。

またビタミンCやエラスチンなどの栄養素を破壊してしまう。ビタミンCやエラスチンは肌に弾性、ハリを与えるタンパク質で、バストのリフトアップ、おっぱいの形づくりに欠かせない栄養素。これらの栄養素が破壊されることでおっぱいは重力に逆らえず垂れることになる。

少し前、日本女性のほとんどがAカップでおっぱいの小さな国だった。
(Aカップ58%、Bカップ25%、Cカップ11%、Dカップ4%、Eカップ以上2%)

最新の調査ではCカップが最も多く、Aカップは少数派となっている。
(Aカップ5%、Bカップ20%、Cカップ26%、Dカップ24%、Eカップ以上25%)

「バストサイズの調査のグラフ」と「女性の喫煙率のグラフ」を照らし合わせると、女性の喫煙率が下がり始めたころから、Aカップ女性の数が減り始め、Cカップの女性が増え始めている。

 -信じてしまう系, 恋愛

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

 関連記事